新築住宅の固定資産税減額がなくなる?!

【減額処置って?】
 
実は、新築家屋固定資産税は、家屋については3年間は本来の税額から半額
 なっています。これは、1964年に期限付きで導入された特例ですが、ずっと延長が
 されてきたものです。

 でも!政府の方針によっては、いつこの特例が廃止されるか分かりません。。。

 なんで?1964年当時(高度成長期)の住宅不足解消を目的に制定されたもので、
        今では住宅の不足はなく、今後はリフォームを重視する政策方針だから
        だそうです・・・

 でも!長い間、続けてきたのですから、実質的には増税のような・・・
      リフォーム重視なら、中古住宅購入のローン減税の築年数基準(木造20年以内)
      も撤廃する方向で見直してくれないのだろうか?           

  ご相談はこちら!⇒【ご来所無料相談】
  電話、FAXによるお問合わせ⇒TEL075-495-3464 FAX075-495-7833