住宅購入後にかかる税金

◆住宅にかかる税金って固定資産税だけじゃないの?◆
  税金には大きく分けて国税・地方税があります。地方税はさらに都道府県と
  市町村に分かれます。不動産取得税都道府県の税金で、住宅購入時に
  一回だけ課税されます。引っ越しも終わり、ホッとした頃にやって来ます。
   固定資産税市町村の税金で、市街化区域内では都市計画税も課税され
  ます。これも含めて、固定資産税と呼ぶことが多いです。固定資産税は毎年
 
課税されます。
  ◇マンションの場合は、毎月の管理費修繕積立金も必要になります。

 【不動産取得税】 不動産の価額(評価額)×1/2×3/100
             ◇1/23/100は時限立法の特例です。
                         (注)特例は、変更されることがあります。
              本来の税率は4/100です。
             ◇評価額は、固定資産税評価額です。
 【固定資産税】 不動産の価額(評価額)×1.4/100
            ◇市街化区域では、都市計画税分0.3/100が加算されます。

 でも!どちらの税金も住宅には軽減・減額の措置があります!

 ところが!⇒固定資産税は軽減・減額に該当していれば、市町村の方で軽減・減額
         して課税してきます。
         ◇新築住宅の場合、家屋については3年間は本来の税額から半額
          なっています。4年目からは税金が倍になるのでご注意を。。。

 でも!⇒不動産取得税は、特例を受ける旨の申告をしなければ軽減・減額して
      くれませんので、忘れずに申告を。。。
       ◇(例)新築住宅(50u以上240u以下)評価額1,500万
            土地(新築住宅の敷地)評価額2,600万
           →本来の税額84万円→軽減後の税額9万円!           

  ご相談はこちら!⇒【ご来所無料相談】
  電話、FAXによるお問合わせ⇒TEL075-495-3464 FAX075-495-7833